テルビナフィン塩酸塩

ラミシールに含まれる抗真菌剤

真菌の増殖を抑えるために用いられる非アゾール系の抗真菌剤です。
特に白癬菌感染症(水虫、汗疱状白癬、趾間白癬)やいんきんたむし、そして、カンジダ症にも用いられる事があります。

経口薬としてラミシール錠がありますが、爪水虫など、体の内側からの抗菌ケアが必要とされる場合などに用いられる反面、その働きの強さから肝機能障害などを引き起こしている場合には、使用できるか検査が必要でもあるようです。

また、外用薬として、ラミシールATクリームがありますが、こちらは、水虫などの白癬菌感染症への使用、または、亀頭包皮炎などにも用いられています。

テルビナフィン塩酸塩という薬剤の特徴として、真菌細胞膜を構成するエルゴステロールの生合成する過程において、スクアレンエポキシダーゼの働きを阻害する事で結果的に増殖を防ぐ作用があります。

これにより、細菌は細胞膜に障害を来たし、殺菌する事が可能となります。

>>ロテュリミンAFの製品詳細・正規品(輸入代理店)はこちら

追記