糖尿病性亀頭包皮炎

感染しやすく難治性で再発しやすい状態

糖尿病は、それそのものが疾患というわけではなく、慢性的な高血糖が続く事により血管が脆くなったり、タンパク質に影響したりと間接的に様々な疾患になるのが問題ですが、その一つとして糖尿病性亀頭包皮炎があります。

難治性で再発しやすいので、糖尿病の場合は特に注意しなくてはならないようですが、なぜ発症しやすくなるのでしょうか。

その理由は、糖尿病になると感染防衛機能に障害が来す為、感染のリスクが高くなります。すると、自家感染が起こりやすくなり、常在菌によって亀頭包皮炎が発症しやすくなるという事ですが、同時に、皮膚も弱っている為、そのリスクが高くなるそうです。

しかも、常在菌のエサとなる糖質も尿糖として、尿道から供給されるので、その周囲での感染が広がりやすくなります。これらも相まって、感染すると治りにくくなってしまうようです。

また、これは糖尿病に限った話ではなく、それ以外にも肝硬変や腎不全、もしくは、ステロイドや免疫抑制剤なども感染防御機能が弱ってしまうため、同じく、亀頭包皮炎を始めとして、様々な自家感染のリスクを高めてしまいかねません。

カンジダ性亀頭包皮炎の場合は、自家感染であっても一時的なもので済み、ロテュリミンAFを塗る事で完治が可能ですが、もしも糖尿病を患っている場合は、その限りではないというのは、今後の為にも把握しておきたいところです。

>>ロテュリミンAFの製品詳細・正規品(輸入代理店)はこちら

追記