カンジダ膣炎

女性の100人中75人が発症するカンジダ症

性器カンジダ症のうち、女性に起こる代表的な症状がカンジダ膣炎です。
そもそも、性器の構造上、細菌や真菌を培養しやすい女性の方が性器カンジダ症は起こりやすいのは言うまでもありません。

生涯で一度でもカンジダ膣炎を発症する女性の割合は、4人中3人という事で、発症しない方が割合的に少なく、一度発症した女性全体では、そのうちの45%程度が再発しているそうです。

つまり、女性全体を100人とした場合、およそ34人がカンジダ膣炎の再発を繰り返しているというのは驚きですね…。

カンジダ膣炎を発症すると、おりものの異常(ヨーグルト状・酒粕状)が出るようになってきたり、外陰部や膣内にかゆみが現れるそうですが、とにかく、かゆみに耐えられず、再発で悩まされている女性も多いようです。

そもそも、なぜカンジダ膣炎を発症するのかというと、他の感染症とも同じように、体の抵抗力(免疫力)が落ちていることが一つ。他には、糖質の多い食生活なども関係している為、男女問わず、発症原因は同じようなものだとわかります。

過労やストレス、または、風邪を引くなどで感染に対する抵抗力が落ちていると、常在菌であるカンジダが異常増殖し症状を現す。更に、エサとなる糖質を多く摂取すると、増殖に拍車をかけることにもなりかねません。

また、女性は、低体温になりやすい人が多いことも免疫力の低下につながるので、運動不足なども間接的な原因として関わりを持つこともあるようです。

そんなカンジダ膣炎の市販薬として、フェミニーナ軟膏を塗ったり、フェミニーナ膣カンジダ錠を膣内に挿入する方法で治療する女性が多いようですが、発症前の予防に徹する場合は、デーデルライン桿菌を含むフェミプロバイオなどのサプリメントを用いられる事も増えているようです。

>>ロテュリミンAFの製品詳細・正規品(輸入代理店)はこちら

追記