カンジダ(真菌)とは

女性に起こりやすい日和見感染症の原因菌

カンジダとは、真菌(カビ菌)の一種ですが、常在菌として、ヒトの皮膚や腸管、そして、女性の生殖器周辺に普通に存在しています。このように、本来は、人体の健康に影響を与える程の強い病原性を持っているワケではありません。

ですが、抵抗力が落ちたりカンジダなどのカビ菌が好む体内環境に陥ると数を増やし、増えすぎると、体にいろいろな障害を引き起こす事がありますが、このように、病原性の低い常在菌が増えて症状が現れる状態を日和見感染と言います。

菌による症状なので感染ですが、一部の例外を除き他人から移されるわけではありません。尚、カンジダによって起こる症状には、少なくとも以下のようなものがあります。

  • カンジダ性亀頭包皮炎
  • カンジダ膣炎
  • カンジダ性間擦疹
  • カンジダ性指間びらん症
  • カンジダ性食道炎
  • カンジダ性爪囲爪炎

このように、皮膚や生殖器などで起こりやすい印象がありますが、口腔内などにも症状として現れる場合もあります。なので、もしも感染が疑われる場合は、オーラルセックスなども感染リスクがありるようです。

カンジダ症は、どんな時に発症しやすいのでしょうか?

調べてみると、「抗生剤を常用している場合」「糖質の多い食品を食べている事」などがあるようです。

まず、抗生剤は、体にとって好ましくない細菌を減らし、炎症を静めるために用いるものですが、これは、炎症の原因となる菌にももちろん有効ですが、同時に、健康をサポートしてくれている腸内細菌すらも滅菌してしまいます。

つまり、悪いものと同時に良いものも捨ててしまった状態です。
こうして体内の細菌や真菌のバランスがリセットされると、カンジダなどの菌が増殖してしまい結果症状が現れる、再発を繰り返す事があるようです。

また、カンジダは、カビ。
カビと言えば、甘いものを放置しておくと菌糸が肉眼で見える程に大きくなる事もありますが、このような事からも糖質の摂り過ぎも良くないそうです。

>>ロテュリミンAFの取扱店舗はこちら

追記