カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎の原因は簡単なこと?

カンジダ膣炎の症状は、とても辛いことで有名だと思います。
私も何度か経験ありますが、本当に大変でした。それなのに、命に関わることは絶対無い、ごくありふれた病気なんですよね。

では、なぜありふれた病気なのかと言うと、カンジダ膣炎の原因がとても簡単だからです。

その原因とは、免疫の低下。詳しく言うと、カンジダ膣炎を引き起こすカンジダ菌は、常在菌として常に体内に存在しているため、普段は免疫によって抑えられているみたいです。つまり、その抑えとして機能してある免疫が低下すると、一気にカンジダ菌は活性化し、瞬く間に増殖してカンジダ膣炎を発症させてしまうんです。

となると、カンジダ膣炎を発症したくないなら、免疫を保つのが一番なんですね。具体的には、疲労を溜めないようにすると良いみたいです。また、思うように栄養バランスのとれた食事をしたり、睡眠時間を十分確保したりできないなら、栄養ドリンクやビタミン剤を飲むというのも手とのことでした。

ちなみに、カンジダ膣炎を発症していなくても、疲労が溜まっていたり、体調が悪かったりすると、通常よりも体内でカンジダ菌が増殖している可能性が高いため、相手方に感染するという事態を避けるため、なるべく性交渉も控えた方が良いそうです。

女性のカンジダ対策

男性のカンジダ対策