女性のカンジダ膣炎はサプリで予防できる?

女性のカンジダ膣炎に最適なサプリメントがありました

「気が狂いそうになるあの痒みは、もうイヤ・・・」

人前でも股間をかきむしりたくなる位重症化する事もあるカンジダ膣炎(膣カンジダ症)ですが、薬で治療しても再発を繰り返していませんか?

薬は、一時しのぎに過ぎないので再発して当然です。

  • カンジダ膣炎は、外陰膣真菌症の90%以上を占めます。
  • 一生涯に一度以上罹患する女性は、全体の75%という高さです。
  • その中で2回以上繰り返す女性は、実に全体の45%にも及びます。

2人に1人が再発するのがカンジダ膣炎なのです。

それだけ再発するリスクが高いデータが出ている事も踏まえるという事は、薬を飲んでも再発すると言っているようなものです。

根本的に治す、予防する方向へ体質を改善していく必要があります。

その為には、普段から免疫力の高い状態を維持する必要がありますが、そんなカンジダ膣炎に最適なサプリメントがあるので、それらの紹介と解説をします。

女性なら誰でも起こりうるカンジダ症

カンジダについては、男性より女性の方が詳しいと思います。それだけ、女性の方が発症しやすい条件があるからと言えばそれだけなのですが、外陰カンジダ症といって女性の外陰部に発症するものがあります。

カンジダ自体は、真菌の1つで常在菌、つまり、人の身体に常に居るものですが、これが、時として数を増やして身体に悪さを引き起こす場合があるようです。

外陰部にかゆみを感じる原因の疾患としてカンジダが最も頻度が高いらしいです。また、妊婦になるとその割合が高くなる事でも知られています。

妊婦でなければ、およそ10パーセントなのに対し、妊婦となるとその確率が20パーセントに上がるという事なのですが、カンジダ症が現れていると分娩の時に産道感染が4割程度で起こるそうです。

できれば、出産までに治しておきたいものですよね。でも、新生児に症状が現れる事はないそうです。

外陰カンジダ症の原因には、いくつか条件があるようですが、共通して言えるのは、カンジダ菌(真菌)の増殖しやすい好条件となった場合です。これを引き起こす要因として、糖尿病や免疫抑制剤、抗生物質の使用などにより、膣内の菌のバランスが崩れると起こりやすいようです。

シンプルに考えるなら、免疫機能が低下すると体内の真菌(カビの仲間)が増えて症状として現われるという事ですが、真菌を抑える役割をしている特殊な乳酸菌も免疫抑制剤や抗生物質で減らされてしまいますからね。

なので、細菌を抑える為に飲む薬などは、良い菌も減らしてしまうので注意したいところです。

他にも、疲労やストレスなどが関係して引き起こされる事も多いようです。基本的にどれも免疫不全の原因となるものばかりですからね。

そんなカンジダですが、天然成分でも改善する事ができるようですね。ワームウッドやブラックウォルナット、オレガノなどの天然ハーブを摂取する事で免疫機能を高めてカンジダ菌の増殖を防ぐ事ができるようです。

また、これらを配合したサプリメントも販売されているようなので、それを用いれば、カンジダを改善する事も可能となるのかもしれません。

カンジダ症は、女性の3人に1人が再発するようなポピュラーなものらしいので、免疫バランスを崩しやすい人にとって、免疫機能が弱くならないようにサポートしてくれるサプリメントであれば、重宝してくれる気がします。

カンジダの原因を知りサプリメントを選ぶ

カンジダ膣炎の原因は、膣内の病原性真菌の増加です。

真菌が増えるという事は、デーデルライン桿菌が減少している免疫力の低下した状態です。

解決するには、免疫力を元に戻す必要があります。

デーデルライン桿菌がたくさん増えれば、膣内は酸性に保たれるので、カンジダなどの病原性の真菌は、繁殖しづらくなります。

なら、その為にすべきことは?

『デーデルライン桿菌を増やす!』という事です。

とてもシンプルなメカニズムです。

この為に最適なサプリメントがドクターズチョイスに有りました。

>>デーデルライン桿菌サプリメント「フェミプロバイオ」の詳細

免疫力が低下しているところに、薬(抗生物質)を投与するのは、カンジダには有効かもしれませんが膣内菌のバランスを崩したままなので何の解決にもなりません。

抗生物質を投与しても、一時的に症状が治まるだけに過ぎません。

それより、もっと根本的部分を見直していきたいなら、試す価値のあるサプリメントの一つです。

ハーブの作用がカンジダ膣炎の予防に特化

もう一つ、もっと直接的なカンジダのサプリメントがあります。

それが、カンジタクリアスーパーです。

もはやカンジダを治す為に存在するような印象ですが、薬ではないサプリメントでカンジダに効果的というのはどういう事なのでしょうか?

こんな名前をつけて大丈夫なのか心配になりますね・・・。

このサプリメントには、カンジダへの抵抗力を高める成分がぎっしり詰まっているのですが、天然ハーブ由来の成分が主なので安心です。

購入者のレビューには、「今までは痒みからおりものの酒粕化が有ったのに、これを飲むようになってから無くなった」というものまでありました。

その通りなら、再発の度に薬に頼らざるを得なかった状況を改善できる可能性を持ったサプリメントだと思います。

デーデルライン桿菌の働きとは?

カンジダ膣炎を防ぐデーデルライン桿菌は、乳酸菌の一つで膣内を酸性に保つ働きがあります。

悪玉菌などの細菌は、アルカリ性で繁殖力が高くなる反面、膣内が正常な弱酸性だと繁殖を抑える事ができるので、デーデルライン桿菌が多ければ、膣内は自浄作用で守られているのです。

また、膣壁の細胞には、グリコーゲンという物質が豊富で、これを分解して酸を作り出す働きがデーデルライン桿菌にあります。このサイクルがカンジダ膣炎を防ぐ為にも必要不可欠なのです。

この菌が減ったらカンジダ膣炎を再発しやすくなるのは言うまでも有りません。

膣内のph値がアルカリ側に傾くので。

それを防ぐ為には、不足したデーデルライン桿菌を増やすようにする。

という意味で、ドクターズチョイスのフェミプロバイオが補給に最適な役割を担ってくれます。

殺菌力に優れているのに安全な液体石けん

石けんでの洗いすぎは、カンジダ膣炎を誘発します。

洗いすぎは、禁物で返って悪化させる事も有ります。

石けん(ソープ)では、バイ菌を洗い流す事ができても、カンジダ菌(細菌類)はしぶとく残っている事もあるから危険なのです。

菌のバランスが変化し、カンジダが増えやすい環境ができてしまうのです。

アルカリ性の固形石けんなどを使ってしまうと、細菌の繁殖を手助けしてしまう結果になるので要注意です。

必要なら膣洗浄液を使わなくてはなりません。

弱酸性のボディソープではダメ?

確かに、ボディソープには、弱酸性もありますが、石油から化学的に合成して作られたものは洗浄力が強すぎる事もあるので、結果洗いすぎは避けられないかもしれません。

きちんとした殺菌洗浄なら、ファンガソープEXがあります。

このソープは、ティーツリーやシアバターを主要成分としている液体タイプの石けんで、水虫(白癬菌)や男性のカンジダ症である亀頭包皮炎の患者さんが、ロテュリミン(男性カンジダ用塗り薬)と併用で使われるケースも多いようです。

主成分のティーツリーは、高い殺菌力があるだけでなく、皮膚炎や発疹、ヘルペスなど予防にも向いていて、洗い上がりも心地よく、シアバター配合で保湿力もあるので、デリケートゾーンにも使いやすい液体石けんとなっているようです。

体内の免疫力アップに貢献する成分の補給には、サプリメントのフェミプロバイオとカンジタクリアスーパー。

オリモノも改善したいなら、ピクノジェノール。

そして、しっかり洗浄するなら、ファンガソープEX。

どれも、実際に効果を実感している人も多いようなので、あれこれとサプリメントを探しては試すを繰り返すより優先度は高いように思います。

カンジダ膣炎の再発予防には、二つのサプリで内側から、殺菌洗浄が可能な石けんで外側からという二つのアプローチが良さそうです。

>>女性のカンジダ膣炎予防成分が豊富な2種類のサプリがあります

女性のカンジダ対策

男性のカンジダ対策