男女別カンジダ対策の市販薬とサプリメントを紹介

男性の亀頭包皮炎に最適な市販薬

亀頭包皮炎とは、雑菌がペニスに感染する症状の事ですが、この感染源となるのは、カンジダ、大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあります。この時、亀頭と包皮の両方に起こる事から、亀頭包皮炎と呼ばれています。

中でも、カンジダ症として起こる亀頭包皮炎の場合に最適な市販薬は、ラミシールATクリームではなくロテュリミンAFだそうです。

▼ラミシールATクリーム:テルビナフィン塩酸塩

非アゾール系の抗真菌薬で白癬菌や皮膚カンジダ症に適用。

幅広い抗真菌スペクトルを持ち、真菌細胞膜の生成を阻害する働きに関与します。中でも白癬菌に対する抗菌作用が強い薬です。

▼ロテュリミンAF:クロトリマゾール

アゾール系のうちのイミダゾール系に属する抗真菌薬。

こちらも、ラミシール(テルビナフィン塩酸塩)同様に、真菌細胞膜の成分として必要なエルゴステロールの生合成を阻害する事で殺菌する働き。

シンプルに使い分けするなら、水虫対策にはラミシールATクリームが有効であり、カンジダ性亀頭包皮炎には、ロテュリミンAFという事になります。

>>ロテュリミンAFの取扱店舗はこちら

海外でドラッグストアで市販されている薬

カンジダ性亀頭包皮炎の治療に最適なロテュリミンAFですが、海外(アメリカなど)では、市販薬として当たり前に使われている薬です。

「日本で売られていないのは、副作用が強いとか?」と思われるかもしれませんが、クロトリマゾールは副作用も少ないそうです。

ロテュリミンAFを亀頭包皮炎の治療に用いる場合、沈静化までに1週間~2週間程度と言われていますが、亀頭包皮炎は治ったと思って油断していると再発する厄介な症状なので、念のため、1ヶ月~1ヶ月半は塗るようにした方が良いと言われています。

基本的な使い方は、朝晩の1日2回。

カンジダ性亀頭包皮炎になりやすいタイプ

男性の場合、カンジダが性器に棲み着いていても症状が現れる事は、それほど多くないそうですが、以下の場合は、症状が出やすい傾向にあると言われています。

  • 洗いすぎて皮膚が傷ついた
  • 包茎で菌が溜りやすい
  • 糖尿病で体内の糖質が多い
  • 抗生物質の継続使用
  • ステロイド剤の継続使用
  • 消耗性疾患がある

カンジダ性亀頭包皮炎の原因となるカンジダ・アルビカンスは、カビの一種ですが、本来は女性に起こりやすい感染症です。

その理由は、カンジダが大腸に多く居て便を介して女性器へ感染しやすい事が一つ。

女性器自体が常に湿り気を帯びていて菌が増えやすいからがもう一つ。対して、包茎は、後者と似た状況から菌が培養されやすいのです。

アレルギー反応や炎症を意図的に緩和するステロイド剤の使用に関しては、それに伴い皮膚表面の免疫力も落ち常在菌が増殖しやすくなり、その一つとしてカンジダが含まれるという事です。

カンジダ菌は、糖質を糧に増殖します。

糖尿病になると亀頭包皮炎になりやすくなると言われていますが、実際に糖尿病性亀頭包皮炎という病名もあります。また、この症状を繰り返す患者さんの尿検査をして尿糖が検出されるケースもあるそうです。

続いてステロイド剤の使用は、これ自体が炎症を抑えるのに最適でも、その反面、免疫力を抑制する働きもある為、結果的にカンジダの悪化や再発の恐れがある事が問題です。

同じように、消耗性疾患は、慢性的な病気で体力や抵抗力が落ちている状態なので、これもステロイド剤を使用した時と同様に、普段増殖を抑えられている菌がバランスを崩し増えやすくなってしまうという事になります。

感染原因や症状の特徴

亀頭包皮炎を患うと、亀頭や包皮の部分に発赤やただれが見られ、同時に軽い痛がゆさを感じる事もあります。

感染経路として、性行為がまず一つですが、確率としては、全体の5~10%程度と言われているので、それほど高くありません。性行為による感染の場合、摩擦で傷が出来てしまうと、そこから細菌や真菌が皮膚の内側に入り込み感染を起こします。

また、女性がカンジダ膣炎を発症している時に性行為を行うと、それがきっかけで感染する場合もあるそうです。加えて、人間の口腔内には多くの雑菌が居るので、オーラルセックスを行う事で感染を助長してしまう事もあるそうです。

ただし、こうした女性との関係を持つ事での感染だとしても、性感染症ではなく、あくまでも常在菌が傷口に入り込むなどで起こるものと区別されています。

他にも、自慰行為で小さな傷が出来た事が関係していたり、洗いすぎも良くないと言われています。

いずれも、ヒトの体の表面には、カンジダ(菌)が常在菌として常に居るワケなので、それが、本来入るべきではない皮膚の内側に入ってしまうと、カンジダのエサとなる当分が多いので、一気に増殖する危険があるという事ですね…。

再発を起こさせないようにするには?

亀頭包皮炎と言えば、再発しやすいというイメージがありますが、その原因の中でも一番多いのは、”完治していないのに自己判断で治療を中断してしまう”事だそうです。

心当たりがあるかもしれませんが、そうして再び亀頭包皮炎を悪化させてしまうというのは、そもそも無駄な治療時間を増やしてしまうだけで、元も子もありません。

そうならないようにするには、”治ったと思っても油断しない事”に他なりません。

「ところで自然治癒の可能性は?」

と考える事もあるかもしれませんが、現状は、中々難しいようです。

もしも、自然治癒の可能性があるとすれば、包茎では無いのにたまたま感染してしまったが症状は軽度な場合。もしくは、常に通気の良い状態を保てるなどかもしれません。

ただし、この場合でも、見た目や自覚症状としては、ほぼ治ったと思っていても、実際には、菌がまだ忍び込んでいる可能性があるので、それらを踏まえると、自然治癒のような免疫力に任せるのではなく、しっかり殺菌してくれる薬を使うのが手っ取り早いのではないでしょうか。

再発防止に繋がるボディソープがある?

ロテュリミンAF以外でカンジダ性亀頭包皮炎の治療に用いる事ができる方法をチェックしてみると、注目されているのは、ドクターズチョイスのファンガソープEXを併用するというものでした。

この製品は、殺菌力に優れたティーツリーオイルを主成分として配合している液体ソープですが、男女のカンジダ症や水虫の早期治療、その他の皮膚感染症の治療や予防に用いられるケースが増えているそうです。

とにかく、細菌や真菌などによって起こった皮膚のトラブルに強いという印象がうかがえます。

「石けんに殺菌力が期待できるのか?」と思われそうですが、その裏付けとなっているのは、リピーターの多さ。

Amazonでも同じものが販売されているのでチェックしてみると分かりますが、200人以上がレビューをした平均が4.6と高いものでした。

尚、ファンガソープEXは、ロテュリミンAFを取り扱う正規代理店のウェブサイト経由の方が安いので、二つ合わせて購入してみるのが良さそうです。

>>ロテュリミンAFの取扱店舗はこちら

女性のカンジダ膣炎に最適なサプリメント

「気が狂いそうになるあの痒みは、もうイヤ…」

人前でも股間をかきむしりたくなる位重症化する事もあるカンジダ膣炎(膣カンジダ症)ですが、薬で治療しても再発を繰り返していませんか?

薬は、一時しのぎに過ぎないので再発して当然です。

  • カンジダ膣炎は、外陰膣真菌症の90%以上を占めます。
  • 一生涯に一度以上罹患する女性は、全体の75%という高さです。
  • その中で2回以上繰り返す女性は、実に全体の45%にも及びます。

2人に1人が再発するのがカンジダ膣炎なのです。

それだけ再発するリスクが高いデータが出ている事も踏まえるという事は、薬を飲んでも再発すると言っているようなものです。

根本的に治す、予防する方向へ体質を改善していく必要があります。

その為には、普段から免疫力の高い状態を維持する必要がありますが、そんなカンジダ膣炎に最適なサプリメントがあるので、それらの紹介と解説をします。

カンジダの原因を知りサプリメントを選ぶ

カンジダ膣炎の原因は、膣内の病原性真菌の増加です。

真菌が増えるという事は、デーデルライン桿菌が減少している免疫力の低下した状態です。

解決するには、免疫力を元に戻す必要があります。

デーデルライン桿菌がたくさん増えれば、膣内は酸性に保たれるので、カンジダなどの病原性の真菌は、繁殖しづらくなります。

なら、その為にすべきことは?

『デーデルライン桿菌を増やす!』という事です。

とてもシンプルなメカニズムです。

この為に最適なサプリメントがドクターズチョイスに有りました。

>>デーデルライン桿菌サプリメント「フェミプロバイオ」の詳細

免疫力が低下しているところに、薬(抗生物質)を投与するのは、カンジダには有効かもしれませんが膣内菌のバランスを崩したままなので何の解決にもなりません。

抗生物質を投与しても、一時的に症状が治まるだけに過ぎません。

それより、もっと根本的部分を見直していきたいなら、試す価値のあるサプリメントの一つです。

ハーブの作用がカンジダ膣炎の予防に特化

もう一つ、もっと直接的なカンジダのサプリメントがあります。

それが、カンジタクリアスーパーです。

もはやカンジダを治す為に存在するような印象ですが、薬ではないサプリメントでカンジダに効果的というのはどういう事なのでしょうか?

こんな名前をつけて大丈夫なのか心配になりますね…。

このサプリメントには、カンジダへの抵抗力を高める成分がぎっしり詰まっているのですが、天然ハーブ由来の成分が主なので安心です。

購入者のレビューには、「今までは痒みからおりものの酒粕化が有ったのに、これを飲むようになってから無くなった」というものまでありました。

その通りなら、再発の度に薬に頼らざるを得なかった状況を改善できる可能性を持ったサプリメントだと思います。

デーデルライン桿菌の働きとは?

カンジダ膣炎を防ぐデーデルライン桿菌は、乳酸菌の一つで膣内を酸性に保つ働きがあります。

悪玉菌などの細菌は、アルカリ性で繁殖力が高くなる反面、膣内が正常な弱酸性だと繁殖を抑える事ができるので、デーデルライン桿菌が多ければ、膣内は自浄作用で守られているのです。

また、膣壁の細胞には、グリコーゲンという物質が豊富で、これを分解して酸を作り出す働きがデーデルライン桿菌にあります。このサイクルがカンジダ膣炎を防ぐ為にも必要不可欠なのです。

この菌が減ったらカンジダ膣炎を再発しやすくなるのは言うまでも有りません。

膣内のph値がアルカリ側に傾くので。

それを防ぐ為には、不足したデーデルライン桿菌を増やすようにする。

という意味で、ドクターズチョイスのフェミプロバイオが補給に最適な役割を担ってくれます。

殺菌力に優れているのに安全な液体石けん

石けんでの洗いすぎは、カンジダ膣炎を誘発します。

洗いすぎは、禁物で返って悪化させる事も有ります。

石けん(ソープ)では、バイ菌を洗い流す事ができても、カンジダ菌(細菌類)はしぶとく残っている事もあるから危険なのです。

菌のバランスが変化し、カンジダが増えやすい環境ができてしまうのです。

アルカリ性の固形石けんなどを使ってしまうと、細菌の繁殖を手助けしてしまう結果になるので要注意です。

必要なら膣洗浄液を使わなくてはなりません。

弱酸性のボディソープではダメ?

確かに、ボディソープには、弱酸性もありますが、石油から化学的に合成して作られたものは洗浄力が強すぎる事もあるので、結果洗いすぎは避けられないかもしれません。

きちんとした殺菌洗浄なら、ファンガソープEXがあります。

このソープは、ティーツリーやシアバターを主要成分としている液体タイプの石けんで、水虫(白癬菌)や男性のカンジダ症である亀頭包皮炎の患者さんが、ロテュリミン(男性カンジダ用塗り薬)と併用で使われるケースも多いようです。

主成分のティーツリーは、高い殺菌力があるだけでなく、皮膚炎や発疹、ヘルペスなど予防にも向いていて、洗い上がりも心地よく、シアバター配合で保湿力もあるので、デリケートゾーンにも使いやすい液体石けんとなっているようです。

>>ファンガソープEXの詳細はこちら

体内の免疫力アップに貢献する成分の補給には、サプリメントのフェミプロバイオとカンジタクリアスーパー。

オリモノも改善したいなら、ピクノジェノール。

そして、しっかり洗浄するなら、ファンガソープEX。

どれも、実際に効果を実感している人も多いようなので、あれこれとサプリメントを探しては試すを繰り返すより優先度は高いように思います。

カンジダ膣炎の再発予防には、二つのサプリで内側から、殺菌洗浄が可能な石けんで外側からという二つのアプローチが良さそうです。

>>カンジダ膣炎対策サプリメントセットの詳細はこちら

男性のカンジダ対策

女性のカンジダ対策